先進マグネシウム国際研究センター

About

センター長挨拶

マグネシウムは、実用金属中最も軽く、パソコンや携帯電話などに用いられてきました。
2003年に、熊本大学で、従来にない優れた強度と耐熱性を持つ革新的なマグネシウム合金を開発し、
これを「KUMADAIマグネシウム合金」と名付けました。
さらに2012年には不燃マグネシウムを開発しました。これらの合金は日本のみならず世界の企業から注目されています。熊本大学では、この合金に関する先端的な研究を行っています。KUMADAIマグネシウム合金を例えば自動車や航空機などに応用すると、軽量化により二酸化炭素の排出をへらし燃費を向上させることができます。
すなわち、KUMADAIマグネシウム合金は「環境に優しい材料」として期待されるものです。

 

熊本大学では、研究人材の育成と材料研究推進を図るために「熊本大学先進マグネシウム国際研究センター(MRC)」を設置し、マグネシウム合金の研究開発拠点となることを目指します。

熊本大学先進マグネシウム国際研究センター センター長 河村 能人

熊本大学先進マグネシウム国際研究センター
センター長

河村 能人

マグネシウム合金に関する最先端研究の展開

マグネシウム合金の持つ軽量性等の特性を最大限に生かすための基礎研究および応用研究を展開することで、将来的に実用可能な合金開発を目指している。最近では, これまで取り組んできた宇宙・航空機、高速鉄道車両および自動車部材への応用を目指した研究に加え、ステントといった医療福祉器具部材への応用を目指した研究を実施している。また, 近年, 本研究センターでは, 有限要素法に基づく固体力学計算や, 第一原理電子状態計算を主たるアプローチとしたマグネシウム合金の研究も進めており, 実験と連携したマルチスケール計算材料設計の実現を目指した研究を推進している。

グローバル研究ネットワークの構築

先進マグネシウム国際研究センター(MRC)が保有する高性能Mg合金に関連する先進技術を東アジア発の主幹技術とし、素材製造基盤技術を開発するための学術基盤となる環黄海域マグネシウムネットワーク(YSR Mg Network)を構築する。またさらに、この技術を世界的に広げるため、欧米やオセアニアを含むグローバルな研究ネットワークへと発展させる。

オープンラボ設置による互恵的環黄海域国際研究の推進

YSR Mg Networkやその他の国内外の研究者と共同研究を行う場として、先進マグネシウム国際研究センターにオープンラボを設置し、最新鋭実験装置を有する研究環境を提供する。学外の研究グループを対象としてMRCの施設を利用したマグネシウム関連の共同研究を促進することによって、国際研究拠点の構築を図ることを目的に「MRC共同利用研究助成」を実施している。

研究組織は、合金設計分野、合金評価分野、形質制御分野および構造体化分野から構成されている。これらの分野は、従来の学問的な枠組みにとらわれることなく、学際的課題にも取り組んでいる。さらに、国や地元の自治体、企業とも連携し、先進的マグネシウムの国際的な開発拠点として機能している。

Posted by ||センター長挨拶 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.

PAGETOP