お知らせ

News

 先進マグネシウム国際研究センター(MRC)では、2017年度よりMRCの施設を利用したMg関連の共同研究を促進することにより、国際研究拠点の構築を図ることを目的として、「共同利用・共同研究助成事業」を実施してきました。一方、MRCは2021年4月、富山大学先進アルミニウム国際研究センター(ARC)と連携して、Mg, Al, Tiという三大軽金属を総合的に取扱う国際研究教育拠点として、先進軽金属材料国際研究機構(Institute of Light Metals:ILM)を設置しました。そこで、本年度は本事業の内容を拡充し、研究対象とする合金をMgのみならず、AlおよびTiを加えた三大軽金属材料とし、下記の通り4つの助成プログラムを実施いたします。皆様、奮ってご応募ください。
 ご応募される方は、2021年9月15日までに、MRC事務局(mrc@kumamoto-u.ac.jp)に共同利用研究助成申請書をお送りください。

**** 以下、募集要項 ****

「MRC共同利用・共同研究助成」 
 特定のテーマを設定する「重点テーマ」と研究者の自由な発想による「自由テーマ」の2種類で募集を行います。
 なお、消耗品費についてはいずれも採択額の20%までとします。
  重点テーマ: (1)輸送機器開発     (2)生体材料開発
         (3)橋梁・建築用材料開発 (4)キンク強化

1.「全国共同利用・共同研究助成プログラム」
 募集件数: 20件程度
 申請額上限: 「自由テーマ」20万円以内(共同利用旅費・消耗品費・論文投稿料)
        「重点テーマ」30万円以内(共同利用旅費・消耗品費・論文投稿料)
 対   象: 国内研究機関の研究者とその大学院生

2.「国際共同利用・共同研究助成プログラム」
 募集件数: 5件程度
 申請額上限: 「自由テーマ」20万円以内(共同利用旅費・消耗品費・論文投稿料)
        「重点テーマ」30万円以内(共同利用旅費・消耗品費・論文投稿料)
 対   象: 海外研究機関の研究者とその大学院生

3.「共通試料提供・共同研究助成プログラム」
 募集件数: 10件程度
 申請額上限: 「自由テーマ」10万円以内(研究打合旅費・論文投稿料)
        「重点テーマ」15万円以内(研究打合旅費・論文投稿料)
 対   象: 国内外の研究機関の研究者とその大学院生

4.「試料分析評価受託・共同研究助成プログラム」
 募集件数: 10件程度
 申請額上限: 「自由テーマ」10万円以内(研究打合旅費・論文投稿料)
        「重点テーマ」15万円以内(研究打合旅費・論文投稿料)
 対   象: 国内外の研究機関の研究者とその大学院生

******************

Posted by News2021年度「MRC共同利用・共同研究助成」の公募開始 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.

CATEGORIES

ARCHIVES

PAGETOP