お知らせ

News

このたび、本センターの河村能人センター長が、2017年春の紫綬褒章を受章しました。河村教授のアモルファス合金やマグネシウム合金の材料科学研究における功績が認められたものです。

紫綬褒章は、科学技術分野における発明・発見や、学術及びスポーツ・芸術分野において優れた業績を挙げた人に授与されるもので、スポーツ分野ではオリンピックで金メダルを獲得した選手などが受章しています。平成29年春の紫綬褒章は17名に贈られ、そのうち学術関係者は7名(東京大学4名、名古屋大学2名、熊本大学1名)でした。今回の受章は、熊本大学としては医学部の満屋裕明教授の受章以来10年ぶりであり、工学・理学の教員としての初めての快挙です。

5月16日に伝達式と皇居での天皇陛下への拝謁があります。

 

詳細はこちら

Posted by News河村能人センター長が平成29年春の紫綬褒章を受章 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.

PAGETOP